東京

足立区/北千住の【猫カフェ LIPMY(リプミィ)】に行ってきた

 

東京に引っ越してきてから、ずっと気になっていたLIPMY(リプミィ)さんにお邪魔しました。

足立区・北千住駅から、徒歩5分です。

東京電機大学がある方面です。

足立区・北千住にあるリプミィ

黄色の外壁が目印。

目に入れば、すぐにここだと分かります。

外から店内が見えないので、入るのに少しだけ勇気が要るかも?

 

LIPMY(リプミィ)の猫スタッフ

 

流石に、人に慣れてますね。

僕が来店しても、気にせずのんびりしています(笑)

 

↓来店時では、紅一点の「ミルフィ」ちゃん。やはり女の子の方が、猫っぽいですね~ マイペースです。

猫スタッフ ミルフィ

 

↓「おもち」くん。

ホームページにある通り、「不思議系」でした(笑)

うまく言えませんが、ちょっと変わってる気がします。

猫スタッフ おもち

 

↓こちらのダンボール製の箱は、お客さんがおもちゃで遊びやすいように、工夫されていますね。

しっかり楽しみました(笑)

 

疲れたら、すぐに寝ます。

だって猫だもの。

猫スタッフ おもち

 

 

外の下町感。

それを眺めるオシャレさん。

絵になりますね。

猫スタッフ オシャレさん

 

 

↓飛びついて来た子は、「クッキー」くん。

一番なついてくれた子です。

落ち着かない子で、ず~っとウロウロしたり、他の猫にちょっかい出してましたね。

おもちゃを持っている時は、要注意ですよ(笑)

 

猫カフェでは、おもちゃに慣れすぎて、 あまり食いつかない子もいます。

ですが「リプミィ」の猫スタッフは、かなり食いつきが良かったです。ポイント高いですね。

 

↓遊び疲れると、まったりし始めました。

 

疲れて寝ちゃいました。

おやすみなさい。

猫スタッフ クッキー

 

↓毛がフサフサの、「ささみ」くん。モフモフしたくなります。

猫スタッフ ささみ

「ささみ」くん、もう1人のお客さんには、なついていました。

けど僕には、あんまり・・? ちょっと距離を取られちゃいました。

 

途中からは、外のハエと格闘。

30分くらい、にらめっこしてました。

実家の猫たちを思い出して、懐かしくなる光景でした。

 

↓この先はスタッフ専用です。

猫が落ち着けるスペース・避難所を、用意しているのかな。

小さな出入口を使って、「追いかけっこ」を楽しんでましたよ

リプミィ 設備

 

 

・・ロシアンブルーの「ココア」は、1時間ずっと寝てました(笑)

猫スタッフ ココア

次に来た時に、遊ぼうね。

 

今回は写真を撮ることに、必死になってしまった感があるので、次回からはゆっくりしたいですね(笑)

ブロガーのダメなところです。

 

猫カフェ・リプミィのシステム

 

店内にはいると、左側に受付があります。

「伺いますので、しばらくお待ちください」といった文字が。

少し待っていると、店員さんが来てくれます。

 

料金システム表を確認し、1時間と伝え、手洗い・消毒をしました。

 

どうやら、自分の席が決められるようです。

もちろん、自由に動きまわってOK。ただ各自の席に、荷物を置いておくシステムのようです。

 

席に案内されると同時に、まず注意事項を教えてもらいます。

メニュー表と、「何時までか」書かれたカードをもらいます。

最後に1階の受付で、カードとメニュー表を渡して、お会計という流れです。

 

店内は白を基調としていて、とってもオシャレ。

空気清浄機もたくさんありまして、床もキレイです。

 

1階から2階まで、壁に猫用の階段が。猫だけが、行き来できます。

頭上にはキャットウォークもあり、とっても工夫されていますね(^^♪

 

2階には猫の写真集もありますし、1階にはマンガも置いてあります。

wifi完備ですし、ゆっくりする人もいるんでしょうね。

僕は猫と戯れないと、逆に落ち着かないタイプですが(笑)

リプミィ 本棚

 

リプミィへのアクセスは、↓ボタンから。

ぜひ、癒されに行ってください。

もちろん、コーヒーや軽食もありましたよ。

 

WEBサイトへInstagramへ

 

※問題を起こしてしまった、某猫カフェを利用した方は、来店が禁止されていました。

猫への愛が、伝わりますね。

 

執筆者: 湯川あやと

Twitter @AyatoYukawa