商品・サービス紹介

【Python】スクールに入る前に、月2,980円の「PyQ」を知って欲しい

 

これからPythonを学びたいと思っている皆さん、こんにちは。

最近ではIT人材の不足が叫ばれ、小学校でもプログラミング教育が取り入れられます。空前のブームの中、プログラミングに興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

数ある言語の中でもPythonは「AI」に使われている言語です。

そしてPythonエンジニアの平均年収は最も高く、651万円だそうです。

 

機械学習だけでなく、Webアプリにも使える言語でして、世界中で広く使われています。Google三大言語のひとつになっています。実はYouTubeも、Pythonで出来ているんですよ。

 

ところが「日本ではWeb系の言語としてあまり普及していない」こともあって、書籍が少なく、初心者には学びにくいです。言語自体はシンプルで、初心者向きなのですが・・

 

今回の記事は以下のような方を対象としています。

・プログラミングスクールに入ろうか迷っている方

「Progate」や「ドットインストール」で勉強したものの、次に何をすれば良いのか分からない方

・書籍を開くと、呪文が見える方

 

「本を読んでも難しくてよく分らん。」⇒ 「プログラミングスクールで勉強しよう!」

こう考えている方もいるでしょう。

しかし僕はそんなあなたに、「待った」をかけたいのです。

プログラミングスクールに行く前に、よく考えて!

甘い言葉に騙されてはいけません。プログラミングスクールも、商売でやってることを忘れないでください。

情報弱者にならないように、衝動的にスクールに入らないように、気をつけてください。まずはよく考えましょう。

 

よくある宣伝文句

・大学に行くより安い

・すぐに元が取れる

ネットで調べたことある人なら、このようなセールストークを一度は目にしたことがあるでしょう。

この2つをぶった切ります。

 

高すぎるお値段

スクールの相場は、月10万円~20万円ほどです。

はい、高すぎませんか(笑)

この時点で疑いの目を持ってください。

 

まず「大学に行くより安い」ってセールスですけど・・

大学の場合は「学歴」が手に入りますよね。日本はまだまだ学歴社会で、「学歴」は立派な称号です。

ところが「プログラミングスクール卒業」は、何の称号にもなりません。スクールは「塾」のようなもですからね。予備校と高校を比較することに、意味が無いことは分かるでしょう。

そもそも4年間通う大学と、数か月通うプログラミングスクールの費用を比べる時点でおかしいですし。

 

安いに越したことはない

次に「すぐに元が取れる」をぶった切ります。これもよくあるセールストークです。

「確かにスクールは高いけれど、エンジニアの年収は高いから、すぐに元が取れるよ。」

ネットで調べたことがある人なら、こんなセールストークを聞いたことがあるはず。

 

これは確かに、一理あると思います。すぐには言い過ぎでしょう。でもIT人材が不足している今、たしかにプログラミングの勉強はコスパが高いと思います。

でもよく考えてほしいのですが、「より安い値段で勉強できるなら、そっちの方が良いよね。」ってこと。

月3,000円のオンライン学習サイトと、月10,0000円のスクールで、同じ成果が入るなら。

前者を選ぶでしょ?

 

エンジニアの年収が高い = 勉強にもお金をかけよう

ってのはおかしいですよね。皆さんは、小さなコストで大きなリターンを得たいはずです。

 

「”すぐに” 稼げるようになる」は幻想

スクールのサイトを見ていると、「短期集中」をウリにして、転職・就職をゴールとして設定しています。まるで数か月勉強をして、エンジニアに転職すれば、高い給料が保証されているかのように言うブロガーもいます。これが勘違いの元になっているのではないでしょうか。

 

エンジニアの年収が高いのは、彼らの専門性が高いからです。

「スクールを卒業して、エンジニアになったら終了」ではありません。常に新しい技術を学び続ける姿勢こそが、高い年収の秘密なのです。

 

ところがアフィリエイター等のセールストークをみていると、「1~2か月勉強をしたら、一流のエンジニアになれる。」「エンジニアは簡単になれるのだ。」と思わせます。

 

そしてクラウドソーシング等の、高単価な案件を張り付けて、「こんなにお給料もらえるよ! スクールの費用なんて、すぐに回収できるよ!」と訴求します。

(よく見てほしいのですが、条件に「実務経験3年以上」など、様々な条件がついています。)

 

「簡単」なら「儲かる」はずはありません。誰でも簡単に出来ることなら、給料が高いはずはありませんよね?

「IT人材は需要超過だから」というかもしれません。それでも簡単に儲かる市場にはたくさんの人が参入してくるため、やがて価格は下がります。

「簡単に稼げるようになる!」なんてのは幻想。現実的になりましょう。

 

以上、「甘いセールストークに騙されないように。」という話でした。

誤解しないで欲しいのですが、プログラミングスクールに通うことは、悪いことではありません。

彼らも商売でやっていますから。

甘い言葉をそのまま受け止めることなく、少し冷静になって、よく考えて欲しいのです。

 

現状に不満を持っている弱い人間ほど、「簡単に」という言葉に騙されます。(他人事ではないですがw)

スクールに入るにしても、まずは独学にチャレンジするべきです。その気概がないならば、エンジニアになってからも挫折するだけかと思います。

 

「PyQ」の評判は・・?

ではやっと本題です。忘れるところでした(笑)今回は、Pythonのオンライン学習サイト「PyQ」をご紹介。

僕自身も利用したサービスで、めっちゃ気に入りました。個人的にはかなりオススメできるサイトです。

「人口知能業界著名人Twitter10選」に選出された石井大輔さんが書いた『機械学習エンジニアになりたい人のための本』でも紹介されていました。

 


ただあまり褒めすぎても、先ほどディスったセールストークに近づいてしまうので、ほどほどにしておきますね。

 

月2,980円~ という圧倒的コスパ

個人ライトプランで月2,980円です。

プログラミングスクールの50分の1のお値段

これで高いって言う人は、プログラミングの勉強を諦めたほうが良いと思います。

技術書1冊分のお値段ですからね。コスパは最強かと。書籍で勉強するよりも安いんじゃないでしょうか。

 

・・驚きの値段です。強気ですねぇ(笑)

 

Progateやドットインストールの次に最適

 

「Progate」や「ドットインストール」などの、入門者向けサイトのレベルをとすると、「PyQ」のレベルは1~10くらい。結構レベル高めのものが多いです。

入門者向けサイトを終了した後、次に何に手をつければいいいのか分かりませんよね。そこで「PyQ」がちょうど良いです。かゆいところに手が届くサービスではないでしょうか。

対象は、初心者~上級者まで。まったくの初心者でも大丈夫ですよ。

範囲としては、FlaskDjangoを使ったWebアプリ制作から、機械学習・統計分析まで幅広くあります。特にFlaskやDjangoは、日本語の書籍がまだ少ないのでありがたい。

基本はPythonですが、HtmlCSSSQLも学べますよ。

 

ブラウザ上で動く

面倒くさい開発環境の必要はありません。「PyQ」はブラウザ上で動きます。

「PyQ」のサイトへ行き、ログインすれば学習できるのです。

何やら訳わからんファイル達ををパソコンにインストールしなくていいんです。それは基本を学習する中で、少しずつやっていけば良いと思います。

ただしタブレットやスマホには対応いていないので、注意してください。プログラミングやるなら、パソコンは買いましょう。

 

ゲーム性

学習の流れとしては、まず模範解答を書き写しながら、何をやっているのかを理解。次に実際に自分でコードを書いていく、という流れです。

課題はクエストという形を取っています。クエストは小分けにされていて、小時間の学習にも向きます。クエストにもよりますが、1クエスト15分くらいだと思ってください。

そして↓のように学習時間が記録されていくので、学習のモチベーションを維持しやすいのが良いですね。

python pyq

少しでも勉強をすれば、カレンダーが塗りつぶされます。続けているうちに、「この流れを途切れさせたくない。」と感じてきます。そして毎日学習することになり、習慣化していくのです。

デメリット

特に無いですが、しいていえば「無料体験期間が無い」ことでしょうか。その分、価格が月2,980円と安く設定されているのかもしれませんけどね。

他には個人ライトプランでは、分からないところがあった場合に、ググるしかないことです。

僕は「正規表現」で詰まり、苦労しました・・ (同じく「正規表現」に詰まった方は、このサイトが参考になります。)

 

 

「エンジニア力は、クグり力」という言葉を聞いたことがあります。分からないことを、自分で検索して解決する能力が、大切なんですね。

実用的な能力を身につけたい方は「PyQ」のような独学用のサービスの方が、むしろ好ましいのかもしれません。スクールだと、講師に簡単に質問できてしまいますから。

 

それでも質問できないことに、不安を感じる方へ。実はスタンダートプランってのもあります。スタンダートプランには、分からないところを講師に質問する機能が付いています。

こちら7,980。少し値は張りますが、それでもプログラミングスクールの月10万円~20万円に比べたら、遥かに安いでしょう。

 

個人的には、まずライトプランから試せば良いと思います。僕もライトプランでした。途中から変更しても良いですしね。

「自分人では不安!」って方は、いきなりスタンダードプランでも良いとは思います。

★★★ 最後に ★★★

「PyQ」はPythonを学習したい人に、強くオススできるサービスとなっています。

ただ他の言語を学習したい方もいるでしょう。その場合は、自分で色々と探してみてください。

高いお金を払わなくても学習ができる、優良なサイトはありますからね。

以上、「高いお金を払う前に、よく考えてね! PyQのような安価で優良なサービスもあるよ!」って話でした。

 

こちらの記事もおすすめ