商品・サービス紹介

超当たる!ストレングスファインダー2.0で自分の才能を調べた結果。

 

皆さんは「自分の才能」を知っていますか?

ストレングスファインダーは、30分程度の質問に答えることで、皆さんの才能を教えてくれるツールです。

 

「名前は聞いたことあるけど、何だか胡散臭い。」

「よくある心理テストみたいなもんでしょ?」

 

そう思っている方もいるかもしれませんが、「ストレングスファインダー」は一味違います。

 

今回はストレングスファインダーを受けてみた感想を書きます。

結論からいえば、素晴らしいものでした。

よく当たっています。

 

ストレングスファインダーとは?

 

ストレングスファインダーは、ギャラップ社が40年にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいています。

10万件以上のインタビュー調査をもとにしているそうです。

その調査結果をもとに、人間の才能を34に分類しています。

 

「ストレングスファインダー2.0」によると、3歳のときに観察された性格は26歳のときに報告された性格の特徴と驚くほど共通していたそう。

つまりストレングスファインダーが示すのは、ぼくたちの不変の才能です。

1度測定すれば今後の人生でずっと役に立ってくれるなんて、コスパがいいですよね。

 

才能とは何か?

 

ストレングスファインダーでは才能を、「頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン」と定義しています。

絵や歌の才能などとは、意味合いが違うので注意。

後からトレーニングで身に着けられるものではないのです。

 

才能というよりは、あなたの「性質」といった方が分かりやすいかもしれません。

 

ストレングスファインダーを受けてみた

 

ぼくの才能:未来志向・目標志向・最上思考・内省・自我

 

書籍の最後にあるアクセスコードを利用して、ギャラップ社のホームページから30分程度のテストを受けます。

すると下の画像のような、自分の才能TOP5が出てきます。

(すべての才能を見るためには、余分に課金する必要があるので注意。ぼくは課金していません。まずは自分の強みを利用することが先決だと思うからです。)

 

↓ぼくの才能TOP5

 

めちゃめちゃ当たってますね(笑)

びっくりしました。

 

書籍の中に、それぞれの才能の生かし方が書いてあります。

その中からピンときたぼくの才能の生かし方を、覚え書きとしてここに書いてみます。

  • 未来について考えることが、エネルギーを与えてくれる
  • 知識を得て、未来のビジョンを具体的なものにする
  • 目標を設定するときにはスケジュールを定める
  • 量と質の両方を考慮する
  • 仕事以外でも目標を設定する
  • 自分の強みを高く評価してくれる人たちと相性がいい
  • 長期的な目標と人間関係に焦点を定める
  • 頭脳活動を好む
  • 哲学・文学・心理学の勉強をするとよい
  • 書くための時間をとる
  • 独自の強みを人に評価されたいと考えている
  • 仕事を単なる業務ではなく、自分の生き方そのものにしたいと考えている
  • 課題や行動を自分で決められる仕事がよい。独立性に伴うリスクも楽しめるようになる

 

皆さんもこのような覚え書きを作ってみてください。

自分のことがよく理解でき、自己肯定感が増したように思います。

 

 

ストレングスファインダーの活かし方

 

 

普段から才能を意識する

 

書籍の中にも↓ような公式があります。

 

才能×投資=強み

 

人間だれしも得意・不得意があります。

自分の不得意な部分をいくら頑張っても、得意な人にはかないません。

最上志向という才能を持つぼくにとって、この考え方はすごく納得できるもの。

自分の才能を無視するよりも、生かした方が効率がいいですよね?

 

ただストレングスファインダーは、特定の仕事への向き不向きを示すものではありません。

行動アイデアでは「この資質にはこういった仕事が合うかもしれない」という例を挙げていますが、それは「その仕事をする(あるいは役割を果たす)ためには、この資質が必要だ」という意味ではありません。

引用元:ストレングスファインダー2.0   p220

 

自分の才能をもとに仕事を決めるのではなく、やりたい仕事のために才能を生かすという考え方です。

 

 

ストレングスファインダーの結果を生かすためには、「自分の目標を実現させるためにはどの才能を生かそうか?」と普段から意識することが大切。

 

ストレングスファインダーを受けっぱなしにしても意味がありません。

書籍を定期的に読み返しながら、生かすという意識を持ち続けてはじめて、強みに変わるものだと思います。

 

それぞれの才能の活かし方については、自分コンパスというサイトが参考になりますよ。

 

 

様々なアドバイスに惑わされなくなる

 

書店にいけば様々な自己啓発本であふれています。

中には真逆のことを書いてある本もあります。

各書籍の言っていることが正しいとしても、すべてを実践するだけの時間も気力もありません。

 

その中からどれを実践していくのか。

ストレングスファインダーはそこに指針を与えてくれます。

自分の才能を生かせるようなアドバイスにだけ耳を傾ければいいのです。

 

前田裕二さんは著書『人生の勝算』のなかで、「人生のコンパス」を持つことの大切さを説いています。

そして最も不幸なことはコンパスを持たず、隣の芝生が青く見えてしまい、進むべき方向を見失ってしまうことだと言っています。

 

ストレングスファインダーは僕たちに「人生のコンパス」を与えてくれるのではないでしょうか?

 

 

皆さんもぜひ、ストレングスファインダーを受けてみてください。

 

注意してほしのは書籍を中古で買ってはいけないということ。中古のものはアクセスコードが使用済みの可能性が高いです。

またスマホアプリからも受けることができますが、書籍の方が少し安いようです。

今回は以上。

ではまた。

 

こちらの記事もおすすめ