書評

Kindle Unlimitedの評価・料金・使い方 ~ 解約方法

Kindle Unlimited

 

僕が「Kindle Unlimited」を使い始めてから2年が経ちました。この2年でユーザー数もかなり増えたのではないかと思います。

読書好きなら知らない人はいないでしょう。しかし「最近、読書を始めた人」や「紙の本をメインで利用している人」も多いかと思います。

そのため、今更すぎる気がしますが、まだ使ったことの無い人のために「Kindle Unlimited」の使用感について書きます。

 

ぶっちゃけ言うと、2年前はビミョーでした。本の数自体は多かったのですが、それは数字だけ。人気の無い本や古典で、数字を多く見せているだけでした。(それでも解約はしませんでしたが)

ところが、ここ1年ほどで大幅にラインナップが増えたのです。ベストセラー級の本も読めるようになり、自信を持ってオススメできるサービスに進化しましたね。

メリット・デメリットを含めて本音でレビューしていきます。結論から言えば、読書をする人・これから読書を始めようと思っている人なら、絶対に登録すべきです。

 

Kindle Unlimitedのメリット

 

とにかく安い。本1冊分の料金。

月額980円で利用できます。本1冊1500円とすると、月に1冊読むだけで、元がとれますからね。安すぎます。

そのため読書家の方でなくとも、オススメできるサービスとなっています。

圧倒的なラインナップ

検索結果をみると、現状で約6万冊ほどあるようです。

とはいっても数字に意味はありません。日本では年間8万冊もの本が出版されているため、マイナーな本を集めて数字を大きくみせることもできるのです。

ですが安心してください、ベストセラー・ロングセラーの本もたくさんあります。「読みたい本が無い・・」とはならないですよ。

 

Kindle Unlimitedの嬉しいところは、普段なら買わないジャンルの本も読めること。「お金だして買うほどでは無いなぁ」と敬遠してしまう本でも、「読み放題なら、試しに読んでみよう」となります。様々なジャンルの本に触れることができるので、視野が広がるのです。

ビジネス書

一番おすすめできるのは、ビジネス書や自己啓発本です。かなりラインナップが充実しています。

店頭に平積みされるホリエモンの本から、『思考は現実化する』などのロングセラーも多く存在しています。

kindle unlimited ビジネス書 ラインナップ

 

↓プログラミングの本も読み放題に含まれています。

kindle unlimited Python ラインナップ

 

マンガ・小説

種類は多くないです。現在では『弱虫ペダル』が人気みたいですね。

Kindle Unlimited マンガ ラインナップ

 

僕がよく利用するのは、↓古典のマンガ版です。教養も身に付きますし、マンガなので気楽に読めますから。

 

雑誌

僕はほぼ利用しないのですが、雑誌もかなり充実している様子。『ターザン』『東京カレンダー』『週刊エコノミスト』『ファミ通』など、よく耳にするタイトルが並んでいます。

Kindle Unlimited 雑誌 ラインナップ

 

 

手軽さ

最後のメリットは、「手軽さ」です。

図書館と比べてみましょう。想像してください。図書館まで足を運び、館内をウロウロしながら本を探し、カウンターに持っていく・・ しかも返却しにまた戻る必要があります。面倒くさいですよね。

一方、「Kindle Unlimited」ならスマホでポチっとするだけです。返却期限もありません。そして図書館は古臭い本が多いですが、「Kindle Unlimited」なら最新の本が読めるのです。

 

Kindle Unlimitedのデメリット

 

読める本が、コロコロ変わる

読める本のラインナップがよく変わります。「コレ面白そうだなぁ」と思っていた本が、読めなくなっているとガッカリすることも。

ただし一回端末にダウンロードしてしまえば、「利用を終了」しなかぎりは、ずっと読み続けることができます。「読みたい!」と思った本は、すぐに「読み放題で読む」をクリックしておくことを、オススメします。

(この現象は、比較的新しい本に多いです。)

 

10冊までしか利用できない。

とはいえ、10冊までしか同時に利用できないのが難点です。

本を読了して、面白くてその本を気に入ったとします。そうすると、ずっと手元に置いておきたくなりますよね。でも残念ながら10冊が上限なので、すぐに枠がいっぱいになってしまうのです。

「いったん利用を終了しておいて、また読みたくなったら再ダウンロードすればいいじゃん」と思うかもしれません。ですが、「読める本がコロコロ変わる」のです。再ダウンロードするころには、読めなくなっている可能性があるわけですね。

 

「Kindle Unlimited」は本をずっと手元に置いておくサービスではなく、あくまで読みたい時に読むサービスだと、割り切った方がいいかもしれません。

とはいえ9冊分を保存枠、1冊分を読書枠とすれば、9冊までは保存することもできますけどね。

 

Kindle Unlimitedの使い方

 

Kindleデバイスは必要?

 

「Kindle Unlimited」を利用するのに、わざわざKindleデバイスを購入する必要はありません。

スマホ・タブレットの無料アプリで十分です。というかぶっちゃけアプリの方が使いやすいので、アプリをおすすめします。僕はKindle Paper Whiteを持っているのですが、ほとんど使っていません。

文字サイズを調整できるので、スマホでも読みやすいので安心してください。通勤電車などスキマ時間を活用できるため、スマホ読書はおすすめですよ。

 

本の検索方法

 

ブラウザから探す方法

カテゴリーで「Kindle ストア」を選択し、「Kindle Unlimited 読み放題」をクリックすればOKです。

Kindle Unlimited 探し方 ブラウザ

 

Kindleアプリで探す方法

パソコンで探すよりも、Kindleアプリで探す方が手っ取り早いです。読むアプリと探すアプリを、使い分ける意味もないですからね。

以下はアプリでの検索方法。右下のカタログをタップ⇒Kindle Unlimitedをタップで探せます。

Kindle Unlimited 検索方法 アプリ

 

「Kindle Unlimited」マークを目印に探す

僕が一番よく使っているのがこの方法。上記2つの方法を紹介しましたが、わざわざ探すことは稀です。

Amazonで本を探していると、右上に「Kindle Unlimited」の文字が表示されている本にしょっちゅう出くわすので、それをダウンロードする感じです。後は「あなたへのオススメ」「購入履歴からのオススメ」から気になったらクリックします。

要するに、「Unlimited本に絞って探さない」のです。「Unlimitedの文字が目に入ったら、クリックしてみる」という使い方ですね。

登録したばかりの頃は、うれしくて最初の10冊を探し回るでしょう。でも長く利用して、ヘビーユーザーとなれば、こんな使い方がメインになっていきます。

 

個別ページで「読み放題で読む」をクリック

気になる本が見つかったら、クリックして個別ページへと向かってください。

以下はKindleアプリでの説明ですが、ブラウザからの操作も大差ありません。

「読み放題で読む」をクリックするだけです。

Kindle Unlimited 使い方

 

すでに10冊利用している場合は、以下の画面が出てきます。

Kindle Unlimited 10冊

 

下にスクロールすると出てくる「利用を終了して続ける」をクリックすればOKです。

Kindle Unlimited 消去

 

30日間の無料体験

最初の1か月間は、お試し期間が設けられています。迷っているならとりあえず登録してみて、使い続けるかどうか判断すればいいです。

「ほんとに無料なの?」と思われるかもしれませんが、安心してください。

Amazonは時価総額が世界でトップクラスの会社です。「実は無料じゃない」なんてケチくさい商売はしてませんよ(笑)

 

ただし最初に登録したときに、自動更新になっているのでご注意を。

自動更新の解約って、忘れがちですよね。心配な方は、以下の手順で自動更新をストップさせることができます。忘れそうな方は、登録してすぐにストップさせておくと良いでしょう。

 

以下は自動更新を停止する方法です。ブラウザからの操作となっています。

Kindle Unlimited 解約の方法

他のAmazonサービスと同様、解約も簡単です。

Kindle Unlimited 解約 方法

 

アカウントサービス ⇒ 「お客様の Kindle Unlimited」へと進むと、↓のページへ。

Kindle Unlimited 解約

「Kindle Unlimited 会員登録をキャンセル」をクリックすれば、解約することができます。

「請求ステータス」の項目では、次回いつ課金されるかを知ることができます。

 

無料体験Kindle Unlimited

 

ついデメリットも書いてしまいました。これだけのサービスを月額980円で使わせてもらっているのだから、本来は文句など言うべきではないのですが。深き愛ゆえの苦情だと思って、大目にみてください。

Kindle Unlimitedは図書館を持ち歩いているようなモノですからね。スゴい時代ですねぇ。

 

980円って、ファミレスの1食分です。その980円を本に投資することで、仕事のスキルアップや、知識を深めることに繋がります。Unlimitedの980円をケチって、居酒屋で高いお金を使っている人は、お金の使い方が下手くそではないでしょうか。

30日間は無料なので、まずは気軽に試してみては?

 

 

★★★★★★★

似たサービスとして、「本の要約サイトFlier」があります。コチラは「忙しくて本を読む暇が無い人」や、「読書を始めたばかりで、1冊読み切るのに苦労する人」によりオススメできるサービスとなっています。

「本1冊読むのは、疲れるな。エッセンスだけ知りたい。」って人は↓記事もチェックしてみてください。

https://ayatoyukawa.com/book-summary/

こちらの記事もおすすめ